Ohh!tOku [オートク] 2019年10月
8/33

MINETTE中区白島中町2-19 ☎082-554-1535営|11:00~19:00 休|水MinetteKAGURA中区白島中町4丁目16 ☎082-512-3288営|9:00~18:00 休|火旬月神楽 白島工房ROKU中区白島九軒町6-18 ☎082-221-6789営|nana.)カフェ/15:00~ フード提供/19:00~23:00 休|無休広島ゲストハウス碌 (Cafe&Bar nana.)IL GABBIANO中区白島中町3-10 ☎082-511-1575営|ランチ/11:30~14:00 カフェ/14:00~17:00ディナー/17:30~21:00 テイクアウト/11:30~20:00 休|月il GabbianoHIRO中区白島中町12-19 ☎082-962-5130 営|9:00~19:00 休|水ブランジェリー ヒロお惣菜3種盛 600円(税別)パン各種 120円~白島ビーフバーガー 1,000円ぜんざい 510円・煎茶 310円また来たくなるのは住む人に会いたくなるから懐かしい匂いのする雑貨がそろうフランスのパン屋さんに来たような特別な空間和菓子の基本餡に想いをこめて素材にこだわった本格イタリアンを自宅でも11年前に白島の地でスタートし、移転を経て再度白島に拠点を構えること3年。長い付き合いの常連さんも多いのだとか。店内には、子どものころに見たことはあるが大人になっても楽しめる雑貨や、Minetteオリジナルの雑貨も並ぶ。人との関わりに重きを置く店主。白島の地でお気に入りの雑貨と人が出会う場所をこれからもつくっていってくれるのだろう。スタンダードな和菓子から洋菓子のようなお菓子が出迎えてくれる。味はもちろん見た目にもこだわり特別な人に贈りたくなる。神楽のロゴが焼き印された看板商品のどらやきは、ふんわりもっちりとしており、甘さ控えめながら見た目以上のボリューム。店内にはカフェスペースもあり今の時期から食べたくなるぜんざいはほっとひと息つきたくなるときにオススメ。6年前ゲストハウスと一緒にOPENしたカフェバー。ゲストと地元白島の人がもっと自然体で触れ合ってほしいと始めたのだとか。白島の「白」を取り入れたモッツァレラチーズと自家製バジルソースはカプレーゼをイメージし、ビーフと合わせても重くない。「同じ場所にもう一度行きたくなる理由って、そこにいる人に会いたくなるからなんですよね。」と語る店主。これからも出会いを繋いでいく場所になるのだろう。住宅街にある店舗へ足を踏み入れると、ショーケースに料理がずらり。お惣菜のテイクアウトができるという珍しいイタリアンレストランだ。海外で経験を積んだオーナーが、2000年の開店当初より販売を行うチーズも自慢だという。炭水化物とメインを一度に楽しむpiatto unicoは、ひきわり小麦の香るクスクスと、柔らかく煮込んだ牛肉のコクのある旨味がマッチ。その本格的ながらも親しみのある味を、是非確かめて欲しい。オレンジ色の外観が目を引くお店は、イートインスペースがあり地元白島に住む人の憩いの場となっている。「お客さんにパンの紹介をしながら販売出来たら…」とガラス越しに並べ対面式で販売している。美しいままのパンを選ぶ楽しみも提供したいとの想いもあるそうだ。道路沿いにも関わらず静かで寛げる店内は、店主のあたたかな人柄が出ているのかもしれない。1112131514※お惣菜の種類はお選び頂けませんpiatto unico(ピアットウーニコ)のランチセット(季節のサラダ・自家製パン付) 1,500円(税別)7

元のページ  ../index.html#8

このブックを見る