GOLFFAN [ゴルフファン] 2019年5月号
11/41

 会場となった鷹の巣ゴルフクラブでは、若手トッププロのプレーを一目見ようと約1000人のギャラリーで埋め尽くされました。 お目当てのプロゴルファーと一緒に各ホールを歩きながら観戦もでき、プロの豪快なショットのたびに歓声が上がり、ショートゲームの精度の高さにどよめきがおこり、プロの圧巻のプレーを間近で感じられた多くのギャラリーにとっては最高の一日となったことでしょう。 プロと一緒にラウンドしたアマチュア選手達にとっては、多くのギャラリーが見守る中、プロのアドバイスを受けたり、課題を明確に見いだせたりと貴重な体験となったはずです。 大会の優勝は、17歳で日本アマを制し当時の日本人最年少優勝記録を更新してその名を馳せた小木曽喬選手。10個のバーディーをとり7アンダーで回り圧巻の勝利となりました。優勝賞金100万円を手に「これを自信にツアーもシードがとれるよう頑張ります!」と意気込みを語りました。 アマチュア部門では、スコア73で回った大阪学院大学の富永暁登選手がみごとベストアマ賞に輝き「来年QTを受けてプロの舞台で戦えるよう頑張ります!」と力強く語りました。 表彰式の最後は、選手をはじめ大会スポンサー、スタッフ、ボランティア、ギャラリーの皆が心を一つにして「サイコーデス!」と声をあげ広島らしく幕を閉じました。 アマの部 優勝富永 暁登選手稲森 佑貴選手出水田 大二郎選手星野 陸也選手熱気高まる最終ホール!好天にも恵まれ、アマ・プロのプレーにギャラリーは釘付けです!10

元のページ  ../index.html#11

このブックを見る