GOLFFAN [ゴルフファン] 2019年3月号
8/37

ほぼストレートの難易度低めのロングだが、プロとの対決に力が入り、支配人と編集長は右の林に一直線!森川プロは1、2打目とフェアウェイど真ん中。4打目下りのパッティングはグリーンのあまりの早さに驚くが難しい返しのパーパットを見事沈める!ティーショット落下地点のフェアウェイがシェイプされており、ドライバーで攻めるか広いフェアウェイにレイアップするか選択が求められるホール。森川プロ残り110Yの難しい傾斜から打つが、見事2ピンにつける!(バックスピンで戻ったがボールマークはピン横30㎝!)バーディーパットはど真ん中からナイスイン!フェアウェイに池が迫り出している距離の短いミドル。美しい景観だがプレッシャーのかかるティーショット。3人とも見事フェアウェイど真ん中!エッジ残り40Yまで飛ばした編集長が有利か!アプローチを2ピンにつけバーディーパットを決める!!チャンピオンティーとレギュラーティーの景色が全く違うホールに見えるショート。50Y以上の距離の差にやはりアマチュア2人が有利か!3人とも長いバーディーパットに挑戦するが、流石ホームの安藤支配人が13mのバーディーパットを華麗に決め、ナイスバーディー!!森川プロ 1UP安 藤6森 川5G F6森川プロ 2UP安 藤4森 川3G F4GF編集長 1UP森 川4G F3安 藤4安藤支配人 1UP安 藤2森 川4G F3ジャンボ尾崎を彷彿とさせるポーズで喜ぶ支配人花道からそれると難しい打ち上げとなるNo.10PAR5 493Y1No.11PAR4 343Y2No.12PAR4 322Y3No.13PAR3 137Y47

元のページ  ../index.html#8

このブックを見る